ニュース
» 2018年12月17日 17時30分 公開

店員は1人だけ:支払いは顔認証で セブン、「近未来コンビニ」オープン (1/2)

セブン-イレブンが省人型の新店舗をオープン。レジが無く顔認証で決済可能、AIが商品発注を提案。店員1人でこなせる店舗として実証実験する。

[服部良祐,ITmedia]

 セブン‐イレブン・ジャパンは12月17日、NECと共同開発した省人型の実験店舗を都内に開いた。同社の持つAI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)技術を活用し、顔認証による決済やAIによる発注提案といった機能を搭載した。

レジなし、サイネージに「あなたへのおすすめ商品」

 セブン‐イレブン・ジャパンによると、国内で顔認証決済を導入したコンビニは今回が初となる。コンビニ業界で人手不足が続く中、IT技術の活用により省人型店舗の開発を進める。

photo セブン‐イレブンの新店舗では顔認証を通せば商品が買える(東京・港)

 同社が今回オープンしたのは「セブン‐イレブン三田国際ビル20F店」(東京・港)。広さ約26平方メートルで、通常店舗では2〜3人常駐している従業員は1人しか置かない。NECグループの社員のみが利用できる。

 店舗には顔認証システムを導入しており、入り口でカメラが反応して自動ドアが開く仕組み。支払いも店内の機器で商品のバーコードを読み取り、顔認証することで完了する。レジはなく現金も使わない。支払い分は給与から天引きされる仕組みで、社員証でも決済が可能だ。

photo レジの代わりに置かれた顔認証のモニター
photo 客の顔画像から年齢などを推定、おすすめの商品を流す

 壁に置かれたデジタルサイネージでは、客の顔画像から年齢や性別を推定した上で、ターゲットに合わせた商品広告を流す。ITを客へのマーケティングにも活用する。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -