ニュース
» 2019年01月24日 07時22分 公開

3月から開始:沖縄銀行のスマホ決済「オキペイ」とは?

沖縄銀行は1月21日、スマートフォンを使った決済サービス「OKI Pay」を3月に始めると発表した。その特徴は?

[沖縄タイムス+プラス]
沖縄タイムス

 沖縄銀行(山城正保頭取)は1月21日、スマートフォンを使った決済サービス「OKI Pay(オキペイ)」を3月に始めると発表した。沖銀の登録口座から利用額が即時に引き落とされるのが特徴。オープンAPI(銀行と外部業者の間で安全なデータ連携を可能にする仕組み)を使った沖銀の決済サービスとしては、事業者向けの「おきぎんStarPay(スターペイ)」に次いで2件目。

スマホ決済サービス「OKI Pay」について記者会見する沖縄銀行の(左から)伊波一也常務、山城正保頭取、砂川雄一郎デジタル事業部長=21日、那覇市の沖銀本店 スマホ決済サービス「OKI Pay」について記者会見する沖縄銀行の(左から)伊波一也常務、山城正保頭取、砂川雄一郎デジタル事業部長=21日、那覇市の沖銀本店

 オキペイの加盟店では、オキペイと同じシステムを使っている横浜、福岡、熊本、親和銀行の各スマホ決済サービスを使える。

 オキペイの利用には、アプリのダウンロードと、口座などの登録が必要。スマホの画面上にQRコードを表示し、飲食店などで読み取ってもらう。口座残高はアプリで確認できる。店側がQRコードを読み取るには、タブレットやスマホに加盟店アプリをダウンロードするか、スターペイの端末機が必要。決済額は最短で翌営業日に入金される。

 沖銀は9月までに1000店舗との契約を目指すとともに、ホテルや病院の自動精算機などで口座から現金を引き出せるサービスを加える予定。公共料金の払込票をスマホで読み取ると、自動的に支払いが完了する仕組みも2019年度中に目指す。

 山城頭取は21日、沖銀本店で会見し「今後も、個人と事業者両方のキャッシュレス化を進めていく」と話した。

Copyright © The Okinawa Times All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間