クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2019年02月13日 12時40分 公開

ジュネーブショーで披露:三菱自、「RVR」2020年モデルを3月に世界初公開 外観デザインを刷新

三菱自動車は、コンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデルを、3月のジュネーブ国際モーターショーで世界初披露する。エクステリアデザインを刷新した。

[ITmedia]

 三菱自動車は、コンパクトスポーツタイプ多目的車(SUV)「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデルを、3月5〜17日にスイスで開催されるジュネーブ国際モーターショーで世界初披露すると発表した。エクステリアデザインを刷新し、力強さと独創性を強調している。

photo 三菱自動車「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデル

 ASXは2009年に発売した都市型コンパクトSUV。北米、欧州、豪州、中国など約90カ国で累計約132万台を販売している世界戦略車で、同社で3番目に販売台数が多い車種だという。

 今回の改良ではエクステリアデザインを大幅に刷新した。「Impact and Impulse」をデザインコンセプトとし、同社らしいタフさに加え、洗練された独創的なデザインを表現している。

 フロントデザインは、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリルを、水平・垂直基調のスクエアなラインで構成。バンパー下部をスキッドプレート形状にして力強さを表現した。また、フードに厚みを持たせて、フロントフェースの存在感を高めた。

photo 三菱自動車「ASX(日本名:RVR)」2020年モデルのエクステリアデザイン

 また、リアコンビランプをLEDとし、車幅いっぱいに広がる水平基調のシャープなテールランプに仕上げ、ワイド感を演出した。

photo 三菱自動車「ASX(日本名:RVR)」2020年モデルのエクステリアデザイン

 ボディーカラーは、鮮やかさと深い輝きを持つ「レッドダイヤモンド」、スポーティーでエネルギッシュな「サンシャインオレンジ」、上質でシックな印象の「オークブラウン」を新たに採用した。

 機能面では、スマートフォン連携ディスプレイオーディオも改良。ディスプレイサイズを7インチから8インチに拡大したほか、USBメモリに保存されている動画の視聴も可能になっている。さらに、車速、オドメーター、各種警告灯などの車両情報を活用したアプリ提供にも対応していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -