クルマはどう進化する? 新車から読み解く業界動向
ニュース
» 2019年02月08日 13時45分 公開

米国で19年秋発売:SUBARU、新型「レガシィ」世界初公開 大画面の縦型ディスプレイ採用

SUBARUは、シカゴオートショーで新型「レガシィ」を世界初公開した。2019年秋から米国で販売を開始する。

[ITmedia]

 SUBARU(スバル)は2月8日、米シカゴで開催されている「シカゴオートショー」で、新型「レガシィ」を世界初公開したと発表した。2019年秋ごろから、米国で販売を開始する。

photo 世界初公開された新型「レガシィ」(米国仕様)

 レガシィは1989年に初代を発売しており、今年で30周年を迎える。今回のフルモデルチェンジで7代目。「自由な行動を約束してくれる安心感のあるセダン」をコンセプトに改良した。

 ストレスフリーな運転に近づけるため、独自の全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」を全車に採用。あらゆる路面状況で安定して運転できるようにした。また、エンジンは低回転域から力強いトルクを発生する、新型2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジンを採用。2.5リッター水平対向4気筒エンジンと合わせて2種類を用意している。

photo 世界初公開された新型「レガシィ」(米国仕様)

 エクステリアは、躍動感とたくましさを同時に表現するため、厚みと立体感を持たせたボディーパネルを使ったほか、動きを感じさせるシルエットに仕上げている。

 インテリアには、11.6インチの縦型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステムを新たに搭載。スマートフォンと同じような感覚で、大画面からさまざまな情報を入手できる。また、新たに追加した最上級グレード「Touring」のシートに、SUBARUとして初めてタンカラー(淡い茶色)のナッパレザーを採用するなど、上質感を高めている。

photo 大型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステム
photo 上質感を高めたインテリア

 運転支援システム「アイサイト」には、米国仕様として初めて車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加し、安全性能も高めている。

photo 新型「レガシィ」(米国仕様)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -