お店のミライ
ニュース
» 2019年03月20日 10時36分 公開

ナゲットでもから揚げでもない?:ファミマが「からあげクン」に“宣戦布告” 新商品の「ポケチキ」を食べ比べてみた (2/2)

[昆清徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ポケチキはからあげクンに勝てるか

 からあげクンは指でつまんで歩きながら食べられるホットスナックとして1986年に発売された。原材料となる鶏のむね肉と小麦粉はそれぞれ2014年と18年に100%国産に変更し、「安心・安全」をアピールしている。累計の売り上げ数は30億食を突破している。からあげクンの名前を聞けば、どのような商品かをイメージできるお客も多く、非常に高いブランド力を誇っている。

 ファミマはからあげクンにどのようにして勝とうとしているのだろうか。記者から差別化のポイントについて質問を受けた商品・物流・品質管理本部長の佐藤氏は「ポケチキはファミチキと同じ工場で製造しており、鶏を工場に運んできてから迅速に加工処理している。また、販促についても今後(しっかり)行っていく」と説明した。加工時の工夫や販促で差別化しようという狙いがあるものとみられる。

 ポケチキの登場で、コンビニ各社のホットスナックを巡る競争はますます激しくなりそうだ。

photo 左がポケチキ(プレーン)、右がからあげクン(レギュラー)
photo 左がポケチキ(ホット)、右がからあげクン(レッド)
photo 左がポケチキ(チーズ)、右がからあげクン(北海道チーズ)
photo 商品・物流・品質管理本部長の佐藤英成氏(中央)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間