調査リポート
» 2019年03月25日 11時59分 公開

「Tinder」は4位:「婚活・恋活アプリ」の市場シェア、1位は……

若者を中心に広がりつつある恋愛マッチングアプリだが、現時点での国内のアプリ内課金額はどの程度で、最もシェアが高いサービスはどれなのか。韓国IGAWorksが調査結果を発表。エウレカが運営する「Pairs」は売上高44.1億円、シェア26.2%で2位だった。1位は……?

[ITmedia]

 若者を中心に広がりつつある婚活・恋活アプリ(デートアプリ)だが、現時点での国内市場におけるアプリ内課金額はどれくらいなのか――。

 モバイルアプリのマーケティングなどを手掛ける韓国IGAWorksが「App Store」「Google Play」内での課金額を独自に推定した結果(Web決済による売上額は含まず)、2018年1〜12月の日本国内における課金額は計168.2億円だった。

 月別のアプリ内課金額は、18年1月は10.7億円で、10月に年内最高の17.5億円を記録。12月は15億円に落ち着いたものの、年間を通じて堅調に推移していた。

 デートアプリ別にみると、課金額の1位はサイバーエージェント子会社が運営する「タップル誕生」。年間を通じて53.5億円(シェア31.8%)が課金されていた。

photo シェア1位だった「タップル誕生」(=公式Webサイトより)

 2位はエウレカが運営する「Pairs」で、課金額は44.1億円(26.2%)。同市場では、上位2社が計58.0%を占める状態にあることが分かった。

 3位はアイベックの「ハッピーメール」(21.1億円、12.5%)、4位は米Match Groupの「Tinder」(17.6億円、10.5%)、5位はネットマーケティングの「Omiai」(17.5億円、10.4%)がランクインした。

photo 婚活・恋活アプリの市場シェアランキング(=IGAWorks調べ)

 6〜10位は、イグニスの「with」(10.3億円、6.1%)、プレイモーションの「クロスミー」(2.5億円、1.5%)、リクルートマーケティングパートナーズの「ゼクシィ縁結び」(2.3億円、1.4%)、チラスタアプリ運営事務局の「チラスタ」(1.2億円、0.7%)、Market Driveの「イヴイヴ」(1.1億円、0.7%)――という結果だった。

photo 婚活・恋活アプリの市場シェアランキング(=IGAWorks調べ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間