ニュース
» 2019年04月25日 15時07分 公開

Kyashがカード決済技術を企業に提供 売上金やポイントをVisaで利用できる「Kyash Direct」 (1/2)

KyashがVisaのプリペイドカード発行ライセンスを取得し、個人向けウォレットアプリで培ったカード決済プラットフォームを企業に提供する。企業は、自社が管理する売上金やポイントなどを決済に利用できるクレジットカードを、提供できるようになる。

[斎藤健二,ITmedia]

 ウォレットアプリ「Kyash」を提供するFintech企業Kyash(東京都港区)は4月25日、Visaカード発行や決済処理などのプラットフォーム「Kyash Direct」を企業向けに提供すると発表した。各企業は、自社のポイントや売上金と連携したクレジットカードの発行が容易にできるようになる。

左からKyashの椎野孝弘CTO、Kyashの鷹取真一社長、ビザ・ワールドワイド・ジャパンのクラーク保坂由美ジャパンプロダクト本部長、ビザ・ワールドワイド・ジャパンの福谷大輔デジタル・パートナーシップ&プリペイド部長

自社のポイントや売上金をそのまま使えるクレジットカードが発行可能に

 メルカリが売上金を決済代金に利用できるメルペイを提供しているが、同じような仕組みを各企業が実現できるようにするのがKyash Directだ。Kyashは一般消費者向けにウォレットアプリとリアルカードを提供しており、この仕組みやノウハウを企業向けに提供する。

 「決済のテクノロジーをいろいろな事業者に一気に開放する。APIを提供して、カード発行を容易にしていく。事業者のポイントや売上金も決済に使えるようになる。リアルタイムデビット決済も可能だ」(Kyashの鷹取真一社長)

 オンライン決済などに利用できるバーチャルカードのほか、磁気やICチップ、Visaの非接触決済payWaveに対応したリアルカード、またiOSやAndroid端末で利用できるQUICPayを発行できる。決済は、企業が発行しているポイントや売上金など複数の残高を利用可能だ。

個人向けウォレットで利用している技術を企業に提供

 利用例として、KyashのCTOを務める椎野孝弘氏は下記を挙げた。

  • 与信枠が不十分なスタートアップ向けに、銀行口座直結のコーポレートカードを発行
  • 売上金を即座に利用できるカードを利用店舗向けに発行
  • 仮想通貨を法定通貨に転換して使えるカードを発行
  • 貸出審査に通ったユーザーに即時利用可能なカードを発行
  • 即日の報酬受け取りサービスとしてカードを発行

 いずれも海外で利用が始まっている例だ。例えば自動車配車サービスの米Uberは、利用するドライバー向けに報酬を即日利用できるカードを発行しており、ドライバーの利用額はすでに5000億円を超えているという。

Kyash Directを利用すると、企業が管理する売上金やポイント、仮想通貨などをVisa加盟店で利用できるサービスをユーザーに提供できる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ