ニュース
» 2019年09月17日 15時52分 公開

グローバル化を推進:「丸亀製麺」の運営会社が米国ファンドと資本提携 世界6000店舗体制を目指す

丸亀製麺の米国進出が本格化する。運営会社のトリドールホールディングスが米系ファンドと資本提携。2025年までに160店舗体制を目指す。

[ITmedia]

 丸亀製麺などを運営するトリドールホールディングス(HD)は9月16日、米国運営会社の「MARUGAME UDON USA, LLC」のパートナーとして、米国投資会社「Hargett Hunter Capital Management」(以下、HH)が組成した投資ファンド「Hargett Hunter Premier BrandsFund I,LP」(以下、PBF)から出資を受け入れると発表した。トリドールHDは2025年度に世界6000店舗体制の実現を目指しており、米国での出店を加速させる。同社は「丸亀製麺ブランドの拡大とグローバル化を推進する」としている。

photo マーケティング施策を強化している丸亀製麺(出所:丸亀製麺公式Webサイト)

 HHは、国際的な金融機関でM&Aや投資分野の経験を積んだ専門スタッフや、外食分野に精通したスタッフなどで構成されている。これまでも、外食チェーンやフランチャイズ企業に投資をするだけでなく、投資先のブランディング、立地開発からオペレーション改善などを手掛けてきたという。

 また、米国の外食市場に詳しいPBFをパートナーとすることで、全米展開に向けて新しい丸亀製麺のフォーマット開発と組み立てを目指すとしている。

 現在、丸亀製麺は米国で8店舗展開している。今後は、HHの知見を受け入れることで、2025年までに160店舗体制を目指す。

 トリドールHDは、マーケティング戦略の立案などを行う「株式会社 刀」(東京都品川区)と2018年9月から協業している。「成熟マーケットでもまだまだ成長できることを実証する」(トリドールHDの粟田貴也社長)ことが狙いの1つだった。新しいマーケティング施策により、国内既存店の集客が強化されるなど、一定の成果を出してきたという。

 新たな外部パートナーとの協業で、米国市場を攻略できるか。

photo 丸亀製麺の海外店舗(出所:丸亀製麺公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間