ニュース
» 2019年10月08日 10時08分 公開

21年3月オープンへ:「テーマは命」 渡邉美樹氏がワタミ代表に復帰 “目玉政策”は被災地に開く農業テーマパーク

ワタミが陸前高田市に農業テーマパークを開設する。農園やエネルギー事業などノウハウを結集し6次産業モデルを展開する。ワタミの代表取締役に復帰した渡邉美樹氏はこれまで復興に携わってきたが、まだまだ不十分だと考えているようだ。オープンは21年3月を予定し、年間35万人の来場を見込む。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 「政治家としては0点だったと思っている」――。10月7日に開かれた記者会見で、ワタミの代表取締役に復帰した渡邉美樹氏はこう話した。2013年に参議院選挙へ立候補し、任期6年を経て、19年に退任。在任中は原発政策や労働人口の減少、財政政策に関する訴えを続けてきたが、「何も実現できなかった」と振り返った。

 苦い6年だったが、新たなビジネスの着想も得られた。それが、岩手県陸前高田市に開設する観光施設「ワタミオーガニックランド」だ。敷地面積はおよそ23ヘクタールで、東京ドーム5個分に匹敵するという。「農業テーマパーク」というコンセプトを掲げ、農作物の生産、加工食品の販売、宿泊施設の運営や農業体験の提供といった6次産業モデルを展開する。21年の開業を目指し、年間来場者数は35万人を見込んでいる。「国会は税と法律と予算で国を変える。企業は、経営モデルで国を変えることができる」と渡邉氏。

21年3月のオープンを目指す

 東日本大震災で被害の大きかった陸前高田市にオープンすることで、国内外に復興をアピールする狙いもある。渡邉氏は、11年から同市の参与を務めている。これまで、ワタミのコールセンターを開設したり、イベントを開催したりと復興に寄与してきた。その一方で、まだまだ復興は不十分だと考えている。今回のオーガニックランドでは、観光客を呼び込むだけでなく、地元の雇用機会充実も狙っている。

 「テーマは命」と渡邉氏は説明する。特別な土地で農業や畜産業、林業などにかかわることで、訪れた人が命の大切さや自然の広大さを学べるような作りにする。現在、ワタミは全国11カ所に自社の直営農場や牧場を展開。また、風力発電やバイオマス発電事業も手掛けている。こうしたノウハウを全て結集し、循環型6次産業モデルの確立とともに地方創生に役立てたい考えだ。

 盛り土や土地整備などハード面の復興は進むが、ソフト面ではまだまだ課題も多いとされる被災地。「被災以前は一等地」(渡邉氏)とされる場所にオープンするオーガニックランドにより、陸前高田市は往時の勢いを取り戻すことができるだろうか。

完成後のイメージ図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間