ニュース
» 2019年10月10日 17時30分 公開

牛肉や鶏肉が食べ放題:ペット「も」焼き肉食べ放題、期間限定で実施 ペットコミュニティーから不動産仲介も

ペット“同飯可”の焼き肉店「うしすけ」がペット向け食べ放題を提供する。10月21日〜11月5日までの期間限定。飼い主が食べ放題を注文した際、追加料金を支払うことで提供される。運営元のWith Pet Familyは、ペット向け不動産仲介なども展開している。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 ペットと一緒に食事できる焼き肉店「うしすけ」などを運営するWith Pet Family(東京都大田区)は、一部店舗で「わんちゃんお肉食べ放題」サービスを開始する。10月21日〜11月5日の期間限定。

期間限定で「ペット向け食べ放題」

 飼い主が食べ放題を注文した場合、通常980円(税別、以下同)の犬用メニュー「焼肉わんプレート」を210円で提供。牛ロース、牛レバー、牛タン、鶏肉が食べ放題になるという。使用されている肉は、人間向けのものと同じ。調味料を使用しなかったり、脂身をそぎ落としたりしてペット向けにしてある。生食ではなく、焼いてから食べさせる。

 ペットメニューは、せっかく注文しても嫌がって食べないケースがあるという。キャンペーン価格で提供することにより、気軽に注文できるようにする狙いがある。

食べ放題で犬に提供されるメニュー

 同社はもともと通常の焼き肉店を運営していた。社長がペット好きなことから、17年前にペットも一緒に入れる店舗へリニューアルした。「一緒に入れるだけではつまらない」として、獣医師監修のペット向けメニューも充実。わんプレートだけでなく、「肉球ティーカップカレー」(680円)や「小豆と温野菜のシェットランドサラダ」(680円)など、本格的なメニューを取りそろえている。

過去に提供されていたペット向けメニュー(出所:うしすけ公式Webサイト)

 同伴できるだけでなく、一緒に食事できるこうしたスタイルを、同社では「ペット同飯可」と自称。これについては当初、「生肉を提供する飲食店で、ペットが走り回るのはいかがなものか」といった意見もあり、賛否両論だったという。しかし、ペットブームを受けて人気が拡大。多い店だと、1日に来店するお客の7割がペットと一緒に来店している。ペット向けメニューも評判が良く、ペット同伴のお客の方が、人間だけよりも客単価が高いという。

 With Pet Familyは、飲食店を運営するだけでなく、「ペットと共生する社会」を目指している。10月には、ペット保険のアニコム損害保険とタッグを組み、ペット向けの外食マナー講座を開催する。また、4月からはペット可の物件を紹介する不動産仲介業も開始。うしすけのお客は単に飲食するだけでなく、ペット好き同士のつながりを重視しているという。うしすけを通してできたコミュニティーのつながりを活用し、なかなか見つかりづらいペット可の物件を紹介していく。既に何件か成約しているといい、うしすけと合わせた新たな事業の柱に育てたい考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間