マーケティング新世界
ニュース
» 2019年10月17日 08時00分 公開

新連載・中国マーケティング最前線:中国人訪日客は「きのこの山」より断然「たけのこの里」派!? 日本スイーツ人気の謎 (1/3)

中国人の間で日本スイーツが人気だ。特に「きのこの山」より「たけのこの里」がSNSで話題だという。人気の裏にはちょっと意外な事情が……。

[服部良祐,ITmedia]

 インバウンドや海外市場の重要性が叫ばれるようになって久しい。中でも膨大な数を占めるのが中国人客だ。ただ、その嗜好やトレンドをつかむのは決して一筋縄ではいかない。本連載では、中国マーケティングの最前線にデータやルポなどから迫る。

 今回取り上げるのはインバウンドで人気の商品の1つ、日本のスイーツ。中国人客の間で、爆買いが一段落した今もかっこうのお土産となっている。中国向けSNSの書き込みデータを独自分析したところ、やはり「日本で買った」「食べた」商品の上位にランクインした。

 ただ、その内容を詳しく見るとちょっと不思議な結果も明らかになった。お菓子というと、日本ではネットなどで「きのこの山 vs. たけのこの里」が話題になることがあるが、中国人客の間では断然「たけのこ派」が優勢のようなのだ。

photo 長く続く「きのこの山 vs. たけのこの里」論争。中国人客はどうもたけのこ派!?

「たけのこの里」が「日本で買った飲食物」2位

 調査は、中国マーケット分析を手掛けるトレンドExpress(東京・千代田)が、中国語版Twitterとも呼ばれるSNS「ウェイボー」の投稿から、7〜9月の期間でサンプル約20万件を抽出(比較対象の18年分は約12万件)。「日本で買った食品・飲料品」という意味が含まれる投稿から、話題の商品をランキング化した。

 この最新ランキングでは、北海道の定番お土産である3位の「白い恋人」(石屋製菓)を抑えて2位に「たけのこの里」(明治)がランクインした。18年の20位から大幅に上昇。一方で、よく日本でライバル的に紹介される「きのこの山」は圏外(20位以内)となった。

photo ウェイボーの書き込みを分析した、19年と18年の「日本で買った飲食物」ランキング(トレンドExpress調べ、クリックで拡大)

 明治広報部によれば、中国人の「たけのこ人気」は自国で買っているというより、やはり訪日時に手に取っているケースが多いようだ。「日本に旅行中、店頭で目立っていたり、日本のSNSなどで話題となっていることから購入されたと推測している」(同社の担当者)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間