なぜあの商品は売れた? 行列研究所が謎に迫る
ニュース
» 2019年11月29日 12時51分 公開

支持されるのはどちらか:すき家と吉野家が“麻辣”でガチンコ対決 松屋は“豆腐切れ”のトラブル 過熱する冬の鍋商戦

すき家は初めて四川風牛すき鍋定食を投入する。吉野家は麻辣牛鍋膳で迎え撃つ。冬の鍋商戦が過熱しそうだ。

[昆清徳,ITmedia]

 大手牛丼チェーン「すき家」は、12月11日から「牛すき鍋定食」(並盛で税込780円)と「四川風牛すき鍋定食」(同830円)を発売する。前者は冬の定番商品だが、後者は新たに投入する商品となる。

 四川風牛すき鍋定食は、特製辛口ダレを使用した牛すき鍋と、別添えの食べるラー油「すき家オリジナル後がけ麻辣スパイス」で四川風に仕上げた商品。特製辛口ダレの辛さと麻辣(マーラー)スパイスのしびれる刺激が特徴だという。

すき家が投入する「四川風牛すき鍋定食」

 麻辣をコンセプトにした鍋は、吉野家も10月15日から販売している。「中華の鉄人」として有名な陳健一氏が監修した「麻辣牛鍋膳」は、豚骨と鶏ガラを煮込んだスープに特製麻辣タレを加え、具材を煮込んでいる。陳氏が特別に配合した“究極の麻辣タレ”は、3つの醤(豆板醤、麻辣醤、甜面醤)と7つの香辛料(花椒、唐辛子、五香紛、クローブ、スターアニス、ブラックペッパー、クミン)を使用している。吉野家は、これまでと異なる感性や技術を料理に取り入れるため、外部とのコラボを加速させている。5月には「ライザップ牛サラダ」を発売し、販売数が100万食を超える大ヒットとなった。

吉野家の「麻辣牛鍋膳」(出所:吉野家公式Webサイト)

 松屋は豆腐キムチチゲや牛鍋膳の販売数量があまりにも好調だったため、豆腐の原料の確保が遅れ、生産が追い付かない状態になってしまった。そのため、豆腐関連メニューを一時休止するという事態に陥った。現在、豆腐関連メニューは復活しているが、人気メニューを提供できなかったのは痛手に違いない。

 近年、外食業界では「麻辣」をコンセプトにした商品に注目が集まっている。吉野家だけでなく、すき家も参入したことで、冬の鍋商戦が過熱しそうだ。

すき家が投入する「牛すき鍋定食」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -