3分Biz.
ニュース
» 2020年04月06日 17時00分 公開

85%がWebセミナー経験:21年卒の内定率は35%、例年より早いペース 4月1日時点

就活支援サービスを手掛けるディスコが発表した調査結果によると、2021年卒の大学生の内定率は、4月1日時点で34.7%だった。前年の数値を8.3ポイント上回った。現時点では例年よりも早いペースで就活を進めている学生が多い。

[ITmedia]

 就活支援サービスを手掛けるディスコが4月6日に発表した調査結果によると、2021年卒の大学生の内定率は、4月1日時点で34.7%だった。前年の数値を8.3ポイント上回った。新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されているが、現時点では例年よりも早いペースで就活を進めている学生が多いことが分かった。

21年卒の大学生の就活状況は?(写真提供:ゲッティイメージズ)

 内定率は、1カ月前の3月1日時点では15.9%だったが、直近1カ月で18.8ポイント増と大きく伸びた。一方、学生が内定を得た企業については、67.0%がインターンシップに参加した企業だという。同社は「イベント自粛要請で説明会の開催が制限される中、インターンシップなどでの早期接触学生の囲い込みが進んだとみられる」と分析している。

 内定を取得し、就職先を決めて就職活動を終了したのは全体の9.1%。内定取得学生の多くは内定を保持しながら就職活動を継続している。

4月1日時点の内定状況(=ディスコ調べ)

 エントリーや選考など活動の状況についても質問した。1人あたりのエントリー社数の平均は24.6社で、近年と比べると減少傾向にある。一方、エントリーシートの提出社数は平均10.4社、筆記・Web試験の受験数は7.0社、面接の受験数は3.9社と増加傾向にあり、早いペースで活動を進める学生が多いことが分かる。

エントリー、選考試験の状況(=ディスコ調べ)

 会社説明会や大規模イベントなどの中止が相次いだことから、Webセミナーの活用状況にも変化があった。Webセミナーの視聴経験率は85.8%と、20年卒、19年卒と比べて20ポイント以上増加。視聴した社数についても、ライブ配信とオンデマンド配信を合わせて平均11.5社と大幅に増えている。

Webセミナーの視聴状況(=ディスコ調べ)

 調査は「キャリタス就活2021」学生モニターを対象にインターネットで実施。21年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)1299人が回答した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間