ニュース
» 2020年04月14日 16時59分 公開

コロナ感染者のペットを無償で預かるサービス「#StayAnicom」開始 飼い主が隔離されている間も安心

ペット保険シェア1位のアニコム損保を子会社に持つアニコムホールディングス(東京都新宿区)は、新型コロナウイルスに感染してしまった飼い主に向けたペット預かりサービス「#StayAnicom」の申し込みの受け付けを、4月10日に始めた。

[ITmedia]

 ペット保険シェア1位のアニコム損保を子会社に持つアニコムホールディングス(東京都新宿区)は、新型コロナウイルスに感染してしまった飼い主に向けたペット預かりサービス「#StayAnicom」の申し込みの受け付けを、4月10日に始めた。アニコムの保有する施設の一部を開放し、新型コロナに感染した飼い主が隔離や入院をする間、そのペットを無償で預かる。

photo アニコムホールディングスのロゴ

 申し込みの条件は、新型コロナに感染し、ペットを飼育できる状況にない飼い主。ペット保険に加入していない場合でも申し込める。場所は東京近郊の施設を予定しているが、同社は「申し込みをいただいた方の居住地域に応じて、随時検討」するという。預かっている間は、アニコムの獣医師を中心とした社員がペットを世話する。

 施設に預ける際は、二次感染を防ぐため、感染者や濃厚接触者以外の人がペットを連れて行く必要がある。同社は東京都獣医師会の指針を踏まえて対策を講じる。

photo ペットの預かりから引き取りまでの流れ

 同社によると、預かり中は「社員から飼い主へ、ペットの様子を連絡できるよう最大限努力する」ほか、散歩にも連れていくという。フードやトイレについても、できる限り自宅と同じ状況で過ごせるように配慮される。

photo 活用予定施設の一例(千葉県)

 新型コロナ感染拡大を受け、ペット飼育者の間では「自分が感染したら、ペットはどうすれば良いのか」 という不安が広まっている。コロナ感染者が飼育するペットを長期間預けることができる施設がないという問題があって、アニコムが無償で展開する「#StayAnicom」プロジェクトに、SNSでは大きな反響が広がっている。

photo 「#StayAnicom」プロジェクト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間