3分Biz.
ニュース
» 2020年04月17日 17時30分 公開

外出自粛を促すため:大阪メトロ、4月18〜19日も「2割減便」 前週末は乗客4割減の効果

Osaka Metro(大阪メトロ)は4月18〜19日、土・日・休日ダイヤの運行本数を約2割減便する。一定の効果があった4月11〜12日に続いて2回目の実施となる。

[ITmedia]

 Osaka Metro(大阪メトロ)は4月16日、土・日・休日ダイヤで運行する18〜19日の2日間について、運行本数を約2割減便すると発表した。一定の効果があった4月11〜12日に続いて2回目の実施となる。

大阪メトロが4月18〜19日に2割減便

 対象路線は、御堂筋線、谷町線、四つ橋線、中央線、千日前線、堺筋線、長堀鶴見緑地線、今里筋線、ニュートラムの全9路線。前週末に実施しなかった中央線と堺筋線についても、相互直通運転を実施している近畿日本鉄道と阪急電鉄の協力を得て減便する。

 減便を実施した4月11〜12日について、各路線の全駅間の混雑率を1時間単位で見ると、11日は最も利用者が多い朝の時間帯でもおおむね30%未満となり、それ以外の時間帯は10〜20%だった。また、12日は朝の時間帯でもおおむね20%未満だったという。

 運行の一部を間引く方法で減便したため、間引いた次の列車で利用客が増える傾向はあった。しかし、2日間の乗車人数は、減便前の週末と比較すると4割以上減少したことから、「車内の混雑は緩和されている」(同社)という。

4月18〜19日の減便の概要(出典:ニュースリリース

 同社は「新型コロナウイルス感染が拡大する危機的な状況のなか、緊急的な対応として、不要不急の外出抑制を促すことにより、市民およびお客さまの命を守る観点から実施する」と、利用客に協力を呼びかけている。4月25日以降の土・日・祝日については、利用状況を踏まえて対応を検討する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間