3分Biz.
ニュース
» 2020年04月22日 11時47分 公開

飛沫感染を防止:トヨタ、感染者移送車両を提供 「JPN TAXI」ベースに開発

トヨタ自動車は、新型コロナウイルスの感染者移送用車両を提供。飛沫感染を防ぐ構造の車両を製造し、軽症患者の移送に活用してもらう。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は4月21日、新型コロナウイルス感染症の感染者移送用車両1台を千葉県に提供したと発表した。すでに、東京都内の病院などにも5台を提供している。飛沫感染を防ぐ構造の車両を製造し、軽症患者の移送に活用してもらう。

「JPN TAXI」をベースに感染者移送用車両を開発

 現在、新型コロナの感染者数は全国で増加しており、軽症患者を療養施設やホテルに移送することで医療崩壊を防ぐ取り組みが進んでいる。そういった状況で、同社は軽症患者を安全に運べる車両の確保や、ドライバーの感染防止が課題だと認識し、医療現場のニーズを聞きながら車両提供の検討を進めてきたという。

 提供したのは「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」をベースに開発・架装を行った車両。トヨタ自動車東日本の東富士研究所で製造した。

トヨタ「JPN TAXI」

 車両はドライバーなどへの感染を防ぐ構造になっている。運転席と助手席がある前方スペースと、後部座席より後方のスペースの間に隔壁を設置。前方を陽圧、後方を陰圧にすることによって、後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした「飛沫循環抑制車両」だという。

 同様の構造の車両は、ホンダも自治体への提供を始めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間