3分Biz.
ニュース
» 2020年04月21日 13時40分 公開

日産、1万5000人対象に臨時休業 本社などの間接部門で5日間従業員の感染防止へ

日産自動車は4月27日〜5月1日の5日間を臨時休業すると発表。本社などの間接部門で働く約1万5000人が対象となる。従業員などの感染を防止するための措置。

[ITmedia]

 日産自動車は4月21日、稼働日としていた4月27日〜5月1日の5日間を臨時休業すると発表した。本社などの間接部門で働く約1万5000人が対象となる。新型コロナウイルスの感染が拡大を続ける中、従業員などの感染を防止するための措置をとる。

日産自動車が間接部門を臨時休業(写真提供:ゲッティイメージズ)

 臨時休業の対象は、本社地区、厚木地区、追浜地区、栃木地区などの間接部門の従業員。これまでも在宅勤務を進めてきたが、臨時休業に踏み切ったことによって、「前後の週末や当社が設定しているゴールデンウイーク休暇を含めると4月25日から5月10日までの計16日間を最小人員で稼働することになる」(同社)。それによって、従業員のほか、関係会社の従業員や地域住民などの感染防止を図るという。

 生産部門でも、世界的な需要縮小や部品調達が困難になっていることによって、工場ごとに生産停止日を設けたり稼働時間を縮小したりしている。

5月11日以降の生産調整の計画(4月17日時点、出典:ニュースリリース)

 国内メーカーでは、東芝が国内全拠点において4月20日〜5月6日を休業としている。東京五輪の際に設ける予定だった休日などを振り替えることで4月の営業日を減らした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -