3分Biz.
ニュース
» 2020年04月01日 11時36分 公開

スバルは17日間停止 大手自動車工場が動かない4月、国内モノづくりの先行きは不透明新型コロナで需要縮小

大手自動車メーカー各社は、4月に数日間から数週間にわたって国内生産を一時停止する予定を発表している。世界的な需要の落ち込みや部品調達の困難から、生産調整に動く。今後の影響がまだ見通せないことから、国内の製造業が打撃を受ける状況は続きそうだ。

[加納由希絵,ITmedia]

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による影響が、国内の製造業に大きく広がっている。大手自動車メーカー各社は4月、数日間から数週間にわたって国内生産を一時停止する。世界的に車の需要が落ち込んでいることに加え、必要な部品の調達が困難になっているからだ。大手メーカーの自動車製造には、中小企業を含めて膨大な数の企業が関わっていることから、今後の経済活動に影を落とすことになりそうだ。

スバルの主力SUV「フォレスター」

 4月1日、SUBARU(スバル)が国内外の生産工場の操業を一時停止すると発表。国内では、群馬製作所の本工場と矢島工場(完成車工場)、大泉工場(エンジン・トランスミッション工場)を4月11日〜5月1日の期間に停止する。停止日数は17日間に及ぶ。再開は大型連休後の5月11日になる見通しだ。

 これまでに、大手自動車メーカーが国内工場での生産を一時停止する予定を続々と発表している。トヨタ自動車は4月3日から、愛知県の高岡工場や田原工場など、国内5工場の計7ラインで稼働を一時停止。停止日数は3日間〜9日間で、工場によって異なる。

 すでに操業停止期間に入っているのはマツダ。広島県の本社工場と山口県の防府工場で3月28日〜4月30日の期間、13日間は稼働を休止し、8日間は昼勤のみの稼働とする。一部の操業は7月以降に振り替える計画だという。三菱自動車で軽自動車の組み立てを行っている水島製作所第1組立ラインでも、3月27日から生産を休止。4月10日までの予定だ。

マツダ「MAZDA3」

 日産自動車は国内3工場で生産調整を実施。4月3日〜5月1日の期間に、神奈川県の追浜工場で4日間、栃木工場で14日間の車両生産を停止。日産自動車九州は4月中を昼勤のみの稼働とし、5月1日は休止する。

 ホンダは、現時点では2日間のみ稼働停止を決めている。埼玉製作所狭山工場の完成車ラインを4月16〜17日、熊本製作所の二輪完成車ラインを4月13〜14日に休止する。

 スズキは4月1日から、国内の5工場全てと製造子会社の操業を停止した。期間は4月3日までの3日間だが、6日以降については「状況などを見極めた上であらためて判断する」という。ダイハツ工業も3月31日、工場1カ所の操業停止予定を発表。滋賀(竜王)第2工場を4月13〜21日に7日間停止する。

 日銀が4月1日に発表した全国企業短期経済観測調査(短観)では、大企業・製造業の業況判断指数がマイナス8となり、前回(2019年12月調査)のゼロから大幅に悪化した。マイナスになるのは7年ぶりとなる。さらに、「自動車」の指数はマイナス17に悪化している。大手自動車メーカーでは、国内だけでなく、米国や欧州など海外工場を稼働できない状況にも陥っており、今後の影響は見通せない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -