3分Biz.
ニュース
» 2020年04月20日 15時07分 公開

カフェの臨時休業が拡大:ドトール、全国の直営店を臨時休業 スタバは13都道府県に休業拡大

大手カフェチェーンが臨時休業の対象エリアを拡大している。ドトールコーヒーは全国の直営店舗を臨時休業。スターバックスコーヒージャパンは、特定警戒都道府県に指定された6道府県の店舗を休業対象に加えた。

[ITmedia]

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の対象が全国に広がったことにより、大手カフェチェーンが臨時休業の対象エリアを拡大している。ドトールコーヒーは4月18日から、全国の直営店舗を臨時休業。スターバックスコーヒージャパンは、すでに休業している地域に加えて、特定警戒都道府県として新たに指定された6道府県の店舗を20日から休業している。

ドトールが全国の直営店を臨時休業(出典:ドトールコーヒーWebサイト

 ドトールコーヒーは、全都道府県の直営店と一部のフランチャイズ店舗の休業を発表。「ドトールコーヒーショップ」「エクセルシオール カフェ」「ル・カフェ ドトール」「カフェ レクセル」を4月18日から休業している。4月7日に緊急事態宣言が出された7都府県の直営店については、すでに8日から休業中。休業期間は5月6日までの予定。

 フランチャイズ加盟店舗については、店舗ごとに協議の上、順次対応を進めているという。

ドトールの臨時休業の概要(出典:ドトールコーヒー

 スターバックスコーヒージャパンは4月18日、9日から休業している7都府県の店舗に加えて、特定警戒都道府県に指定された北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の店舗を20日から休業すると発表した。

 13都道府県以外の地域については、ドライブスルーを含む「持ち帰り」対応のみの営業となる。営業時間は午後7時まで。

 同社は4月16日の時点で、7都府県以外の一部地域の店舗をテークアウトのみの営業に切り替えると発表していた。しかし、緊急事態宣言の対象拡大や特定警戒都道府県の指定によって、臨時休業や客席使用禁止の対象を拡大した。

スタバの臨時休業の対象エリア(出典:スターバックスコーヒージャパン

 タリーズコーヒージャパンも、特定警戒都道府県に指定された6道府県の店舗を臨時休業の対象に加える。4月16日から休業している7都府県の約400店舗に加えて、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の一部店舗となる約50店舗を4月23日から5月6日まで休業する。

タリーズの臨時休業の概要(出典:タリーズコーヒージャパン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間