3分Biz.
ニュース
» 2020年04月08日 11時57分 公開

平日も休業に:スタバ、850店舗を当面休業 緊急事態宣言の7都府県で、4月9日から

スターバックスコーヒージャパンは4月9日から、緊急事態宣言の対象となった7都府県の約850店舗を当面の間休業する。これまでは週末に首都圏などの店舗を休業していたが、平日を含めた全面的な休業に踏み切る。

[ITmedia]

 スターバックスコーヒージャパンは4月8日、緊急事態宣言の対象となった7都府県の約850店舗を9日から当面の間休業すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、これまでは週末に首都圏などの店舗を休業していたが、緊急事態宣言を受けて平日を含めた全面的な休業に踏み切る。

スタバが約850店舗の休業に踏み切る(写真提供:ゲッティイメージズ)

 休業の対象となるのは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県にある店舗(一部店舗を除く)。「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」「プリンチ 代官山 T-SITE」「スターバックス リザーブ ストア 銀座マロニエ通り」など、特別な店舗も対象となる。

 緊急事態宣言の対象ではない地域の店舗では営業を継続するが、営業時間は午後7時までに短縮。また、客同士の距離を十分に保てる座席配置に変更する。座席配置を工夫する取り組みはこれまでも実施してきたが、「より余裕のある配置に変更」(同社)し、営業を続けるという。

4月9日以降の営業について(出典:プレスリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間