3分Biz.
ニュース
» 2020年04月28日 15時00分 公開

グループ各社も生産に着手:トヨタ、医療用フェイスシールドを増産 20倍の月4万個体制に

トヨタ自動車は、医療現場に提供するフェイスシールドの生産能力を拡大。約20倍の月4万個に引き上げた。月7万個の水準まで拡大する計画。グループ各社でもフェイスシールドの生産が始まっている。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は4月28日、医療現場で飛沫などを浴びることを防ぐフェイスシールドの生産能力を月4万個に引き上げたと発表した。4月中旬から週500〜600個を生産していたが、その約20倍の生産体制を構築。4月27日から増産に入った。今後、月7万個の水準まで拡大する計画だ。

トヨタとグループ各社がフェイスシールドの生産を拡大

 同社は、新型コロナウイルスの感染者増加に伴い、医療現場で必要なフェイスシールドなどの物品が不足していることから、試作型や3Dプリンタなどで製作したフェイスシールドの提供を始めていた。

 現在の月産4万個は1日約2000個、目標とする月産7万個は1日約3600個の生産能力となる。

医療用フェイスシールド

 また、トヨタグループ各社もフェイスシールドの生産に着手。トヨタ自動車東日本は4月20日、自社生産した3000個を宮城県に提供した。豊田自動織機も、4月29日から月産1万個(1日約500個)の生産を開始する。トヨタ車体は5月中旬の生産開始に向けて検討を進めている。

 また、豊田合成、ダイハツ工業、日野自動車でも試作を開始。ダイハツと日野は近隣の医療機関への提供をすでに行っている。

トヨタグループ各社のフェイスシールド生産能力(4月28日時点、出典:ニュースリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間