3分Biz.
ニュース
» 2020年08月21日 17時38分 公開

渋谷駅西口の歩行者デッキ、9月26日供用開始 旧「東急東横店」は解体へ玉川改札は閉鎖

渋谷駅西口で整備が進められていた新しい歩行者デッキが9月26日から供用開始となる。渋谷駅と道路を挟んだ複合ビル「渋谷フクラス」が地上2階で接続する。一方、JR渋谷駅の玉川改札は閉鎖となり、旧東急東横店の建物の解体工事にも着手する。

[ITmedia]

 渋谷駅西口で整備が進められていた新しい歩行者デッキが9月26日の初電から供用開始となる。渋谷駅と道路を挟んだ複合ビル「渋谷フクラス」が地上2階でつながり、買い物客やビジネスパーソンなどの利便性が向上。街の回遊性を高める。

渋谷駅西口の新しい歩行者デッキが利用できるようになる。写真手前が「渋谷フクラス接続デッキ」、奥が「西口連絡通路(仮称)」(プレスリリースより、以下同)

 8月21日、渋谷駅周辺の再開発に携わる東急やJR東日本、東京メトロなどが供用開始時期について発表した。

 供用開始となるのは、旧東急百貨店東横店に接する「西口連絡通路(仮称)」と、2019年に開業した渋谷フクラスと渋谷駅をつなぐ「渋谷フクラス接続デッキ」。7月の供用開始予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期していた。

 歩行者デッキによって、渋谷駅と渋谷フクラスが地上2階で接続するほか、桜丘町方面へは、渋谷フクラス内の歩行者通路や国交省が再整備した西口歩道橋を経由することで行きやすくなる。

渋谷駅西口周辺と歩行者デッキの全体図

 歩行者デッキの供用開始に合わせて、JR渋谷駅の玉川改札と、旧東急東横店建物内の歩行者通路(一部を除く)は閉鎖となる。その後、旧東急東横店の建物解体工事に着手する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -