ニュース
» 2020年08月27日 17時50分 公開

アンケートで判明:コロナ禍、帰省した人の2割が「誹謗中傷受けた」――「石投げられた」「非難の落書き」も (1/2)

コロナ禍で帰省した人が減少。実際にした人の2割が何らかの「誹謗中傷」を受けていた。アンケート調査で判明。

[ITmedia]

 新型コロナウイルスの影響で、今夏は旅行や帰省を控えた人も少なくないのでは。リサーチ会社のゼネラルリサーチ(東京都渋谷区)が帰省の状況について調査したところ、実際に帰省した人の2割が「誹謗中傷の被害に遭った」と回答した。

photo コロナ禍で帰省者への誹謗中傷も(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)

帰省者は全体の4分の1

 コロナ禍で行政などによる移動制限の方針が二転三転、消費者の行動や意識も長期的に分断されつつある現在。感染者やその家族に加え、「都会からの帰省者」など、特定の属性の人への偏見や攻撃がさらに問題になりそうだ。

 調査はゼネラルリサーチが8月20日〜21日に掛けて、帰省先が関東圏外に当たる全国の男女約1000人にネット上で実施した。

 まず「今年のお盆は帰省したか」と聞いたところ、75.7%が「いいえ」と回答。帰省した人は4分の1止まりという結果になった。

photo 今年のお盆は帰省したか(ゼネラルリサーチ「帰省と新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷被害調査」)

 帰省した人に「誹謗中傷の被害に遭ったか」と聞いたところ、20.6%が「はい」と答えた。調査に寄せられた具体的な被害の中身は人それぞれで、「周囲の人から冷ややかな言葉があった」といったものから、「石を投げられた」「非難の落書きを郵便受けに投げ込まれた」などの重い内容も寄せられた。

photo 帰省者に聞いた「帰省したことで誹謗中傷の被害に遭ったか」(ゼネラルリサーチ「帰省と新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷被害調査」)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -