ニュース
» 2020年09月19日 10時30分 公開

羽田イノベーションシティーで運行する「自律走行バス」に乗ってみた定常運行を開始(1/2 ページ)

東京都大田区の羽田イノベーションシティー(HICity)で9月18日から定常運行を始めた自律走行走行バス。乗り心地はどうなのか、実際に乗ってみた。

[上間貴大,ITmedia]

 ハンドルがなく、GPSで位置を測定し、設定したルートを自律走行する――。そんなバスが9月18日から、東京都大田区の羽田イノベーションシティー(HICity)で定常運行している。乗り心地はどうなのか、実際に乗ってみた。

NAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)

 運行する車両は、フランス、ナビヤ社製のNAVYA ARMA(ナビヤ アルマ)。車体のラッピングは、施設コンセプトである先端産業と文化産業の融合をイメージしているという。車内は11人乗りでハンドルやブレーキペダルがなく、乗客はコの字型に座るようになっている。ドライバーと運行保安員が同乗するが、あくまで緊急時の対応要員。必要な操作は、車内のパネルやゲーム用のコントローラーで行う。

ハンドルの代わりにモニターとコントローラーがある

 運行主体は、HICityの開発を進める羽田みらい開発。鹿島建設や日本交通のほか、ソフトバンクの子会社で自動運転サービスの開発を手掛けるBOLDLY(東京都千代田区)、半導体商社のマクニカ(横浜市)が協力をしている。HICity内で働く人や来訪者の移動を目的としていて、来訪者は誰でも無料で乗車することができる。

運行開始セレモニー
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -