3分Biz.
ニュース
» 2020年09月30日 17時53分 公開

立て直しへ:債務超過のレオパレス、米投資ファンドから資金調達 約572億円

レオパレス21がフォートレス・インベストメント・グループから出資・融資を受け、約572億円を調達する。債務超過の解消を図る。

[ITmedia]

 レオパレス21は9月30日、ソフトバンクグループ傘下の米投資ファンド、フォートレス・インベストメント・グループから出資・融資を受け、約572億円を調達すると発表した。レオパレスは施工不備への対応、入居率の悪化などで、約118億円の債務超過に転落(6月末時点)。資金調達により、財務体質を改善する。

photo レオパレス21の公式サイトより

 同日発表した2021年3月期第1四半期(20年4〜6月)連結業績は、売上高が1039億円(前年同期比8.2%減)、営業損益が68億円の赤字(前年同期は42億円の赤字)、純損益が141億円の赤字(同57億円の赤字)だった。

 レオパレスは当初、8月7日に決算を発表予定だったが、監査手続きの遅延などで9月11日に延期。さらに希望退職募集により、決算業務に携わる従業員が想定以上に退職したため、9月末までに再延期していた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -