ニュース
» 2020年10月08日 16時06分 公開

リアルタイムに状況把握:表参道に“IoTごみ箱”34台設置 タピオカごみの回収費用低減へ

原宿表参道欅会は10月8日、IoTを活用したスマートごみ箱「SmaGO」(スマゴ)34台を表参道沿いの歩道に設置し、運用を始めた。

[ITmedia]

 原宿表参道欅会は10月8日、IoTを活用したスマートごみ箱「SmaGO」(スマゴ)34台を表参道沿いの歩道に設置し、運用を始めた。表参道ではタピオカドリンクなどのプラスチック容器のポイ捨てが深刻化しており、景観への影響やごみ回収の費用が課題となっていたため、今回の設置に至ったという。

photo 表参道に設置した「SmaGO」

 SmaGOは上部のソーラーパネルで発電をして稼働。3G回線を通じてごみの蓄積状況をクラウド上に収集し、可視化する。それによりごみがたまりやすい場所にごみ箱を移動するなど、配置の最適化ができるという。ごみ箱が満杯になると自動的に圧縮を行い、本体の約5〜6倍の容量を捨てることができる。利用者が足で踏んで開ける、非接触型の蓋を備えている。

 オフィシャルパートナーとして費用を支援した森永製菓は「食品会社として、提供時のプラスチックの削減だけではなく、お客さまが購入していただいた後も、ごみを正しく処理しやすい環境づくりをする」と方針を発表した。

photo 「SmaGO」の特徴
photo 「SmaGO」運用開始セレモニーの様子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -