3分Biz.
ニュース
» 2020年10月15日 16時54分 公開

増収増益:最終利益88倍、パソナGの20年6〜8月期 BPOサービスの需要拡大

パソナグループの20年6〜8月連結業績は、純利益が前年同期の88倍に相当する40億円に。新型コロナウイルスの影響で、人材採用や集合型研修の需要は減ったが、BPOサービスの需要が大きく伸びた。

[ITmedia]

 パソナグループが10月15日に発表した2021年5月期第1四半期(20年6〜8月)連結業績は、売上高が前年同期比7.7%増の857億円、営業利益が5.8倍の72億円、純利益が88倍の40億円と大幅な増収増益だった。新型コロナウイルスの影響で、人材採用や集合型研修の需要は減ったが、企業の間接業務を請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスの需要が大きく伸びた。

photo パソナグループの公式サイトより

 前年同期は子会社株式の一部売却に伴う支払い手数料が発生し、利益を圧迫していたが、当四半期はそうした要因もなく増益につながった。

 21年5月期の連結業績予想は、売上高が前年比4.6%減の3100億円、営業利益が5.5%減の100億円、純利益が4.2倍の25億円のまま据え置いた。同社は「長引く新型コロナウイルスの影響で、今後の雇用情勢や日本経済の先行きの不透明感が強い」とみている。

photo 決算資料より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -