3分Biz.
ニュース
» 2020年10月16日 18時30分 公開

関西圏でも開始:JR西、モバイルICOCAを23年春にスタート Suica、PASMOに続き

JR西日本は10月16日、交通系ICカード「ICOCA」の機能をスマートフォンで利用できる「モバイル ICOCA(仮称)」を2023年春に開始する予定だと発表した。

[ITmedia]

 JR西日本は10月16日、同社の交通系ICカード「ICOCA」の機能をスマートフォンで利用できる「モバイル ICOCA(仮称)」のサービスを、2023年春に開始する予定だと発表した。

ICOCA公式Webサイト

 モバイルICOCAは、JR東日本が提供する「モバイルSuica」などと同じように、自動改札機の通過や決済をスマートフォンをかざすだけで利用できるようになる。また、専用アプリで定期券の購入や払いもどしやチャージができるほか、残額や利用履歴などを確認できる。

(出所:プレスリリース)

 東海道・山陽新幹線の「スマート EX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」にモバイルICOCA登録でき、新幹線の予約から支払い、乗車まで、スマートフォン1台で完結するようになる。また、MaaSアプリ「WESTER」や「setowa」との連携も検討しているという。

 国内の交通系ICカードは、Suicaが8300万枚超を発行している一方、PASMOは約3900万枚、ICOCAは約2000万枚となっている。

 モバイル対応では、モバイルSuicaのほか、首都圏の鉄道やバス会社で構成するPASMO協議会が、20年3月からAndroid向けの「モバイルPASMO」を提供。10月からはiPhone/Apple Watchにも対応している。

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -