3分Biz.
ニュース
» 2020年11月05日 13時00分 公開

タイで販売開始:日産、新型ピックアップトラック「ナバラ」発表 デザインテーマは「頑丈」

日産自動車は、ピックアップトラックの新型「ナバラ」を発表した。12月にタイで販売を開始し、展開地域を順次拡大する。

[ITmedia]

 日産自動車は11月5日、ピックアップトラックの新型「ナバラ」を発表した。オフロードなど、さまざまな環境における耐久性の高さに加えて、安全性や使い勝手の向上を図った。12月にタイで販売を開始し、展開地域を順次拡大する。

日産がピックアップトラックの新型「ナバラ」を発表

 ナバラは同社が海外各国で販売するピックアップトラックで、メキシコと南米では「フロンティア」の名称で販売している。現在進めている事業構造改革において重要な位置付けとなるモデルとして、新型車を海外各国で展開していく。

 新型ナバラのデザインテーマは「頑丈」。過酷な環境で使われることを想定し、無骨で大胆、スタイリッシュな外観に仕上げたという。グリルはインターロッキングデザインで堅牢さを表現し、ヘッドランプはC字型で力強い印象を与えている。

日産の新型「ナバラ」。「頑丈」なイメージのデザインに仕上げた

 ピックアップトラックとしての使い心地も高めた。荷台スペースを拡大し、積載可能重量を増やしたほか、リアバンパーにステップを新設することで、荷台に乗り降りしやすくした。また、フレームとボディーの接合部を変更することで剛性を高めたことに加え、サスペンションの設定を変更することで、室内の振動を大幅に低減。静粛性も向上させた。

日産の新型「ナバラ」。リアバンパーにステップを新設し、乗降性を向上

 先進安全機能では、前方の車両や歩行者との衝突回避をサポートする「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や、2台前を走る車両を検知し、衝突などの危険に対して注意を促す「インテリジェント FCW」を搭載。また、周囲の車両や人の接近を検知する「インテリジェント アラウンドビューモニター」には、4輪駆動モードを設定して低速走行した際に周囲の障害物を確認することができる「オフロードモニター」を新たに設定した。

日産の新型「ナバラ」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -