メディア
3分Biz.
ニュース
» 2020年11月20日 14時55分 公開

地域のスマートストアを目指す:NTT東日本が「スマートストア」の実験開始 入店から決済までスマホで完結

NTT東日本は11月19日、入店から商品選択、決済までスマートフォンで完結する「スマートストア」の実験店舗を本社ビル(東京都新宿区)にオープンした。

[ITmedia]

 NTT東日本は11月19日、入店から商品選択、決済までスマートフォンで完結する「スマートストア」の実験店舗を、本社ビル(東京都新宿区)にオープンした。

NTT東日本がスマートストアの実験店舗オープン(出所:プレスリリース)

 決済はスマートフォンのアプリを活用する。入店するには、専用アプリで個人認識を行う必要がある。店内では商品についているQRコードを読み込みアプリに登録。支払いに進む形式だ。

 入店から決済まで完結することで、レジ待ちをなくし密接や密集を避けた非接触の購買を実現できるとしている。また、利用者や運営者のサポートは、NTT東日本のロボットやコールセンターを活用。非接触による接客を行っていく。

 また、非接触型の決済に加えて、店内のカメラ映像から購買行動を分析し、商品仕入れの効率化や利用者属性に応じた商品構成の充実を図る。店内では、飲料や菓子類、文具、書籍などの他、地域店舗と連携して焼きたてパンなどを扱い、地域に根差した新しい無人ストアの展開をサポートしていく考えだという。

地域のスマートストアを目指す(出所:プレスリリース)

 NTT東日本では今後、社員や地域住民が利用できる店舗や、人手不足などに課題を抱える事業者と連携した店舗展開を目指す。さらに、カメラ映像の解析と重量センサーを組み合わせ、誰がどんな商品を手に取ったかを認識して自動的に決済が完了する店舗の提供も検討しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -