3分Biz.
ニュース
» 2020年12月03日 17時47分 公開

社長の出身大学、日本大学が10連覇 増収増益率1位は? (1/2)

「全国社長の出身大学」調査の結果は?

[ITmedia]

 東京商工リサーチは12月3日、「全国社長の出身大学」調査の結果を発表した。同調査は企業データベース約390万社の代表者データから出身大学を集計したもの。

 2020年、全国社長の出身大学で最も多かったのは日本大学で、社長数は2万1253人。10年の調査開始から10年連続でトップを守った。

phot 全国社長の出身大学で最も多かったのは?(京都大学のキャンパス。写真提供:ゲッティイメージズ)

 2位は慶應義塾大学の1万656人、3位は早稲田大学の1万382人と続き、日本大学が唯一の2万人超えとなった。関東以外では7位に近畿大学、9位に同志社大学と関西勢がランクインした。

 トップ20のうち、国公立大学は10位に東京大学、20位に京都大学が入ったのみで、社長数では卒業生の多い私学が優位となった。

phot 全国社長の出身大学ランキング20位まで(以下リリースより)

都道府県別の結果は?

 都道府県別に見ても、20都県で日本大学が首位を獲得。卒業生が約120万人と多いほか、「全国の付属・系列校から地方の企業経営者の子息、子女が大学へ進学し、卒業後に事業を継承することも多い」(東京商工リサーチ)ことが要因とみられる。

 その一方、東日本のうち北海道(北海道大学)、宮城県(東北学院大学)、愛知県(愛知学院大学)、三重県(三重大学)は地元大学がトップを堅守。西日本でも地元大学が健闘していて、日本大学の首位は香川県、高知県、宮崎県の3県にとどまった。

phot 都道府県別、社長の最多出身大学(東日本)
phot 都道府県別、社長の最多出身大学(西日本)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -