3分Biz.
ニュース
» 2021年01月19日 17時20分 公開

ラーメン店の倒産、過去最多 コロナ禍で「ラーメン店離れ」続く上場4社も厳しく(1/2 ページ)

2020年のラーメン店の倒産数は46件となり、19年の36件を上回って過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは20年が初めて。

[ITmedia]

 帝国データバンクは、2020年1月から12月におけるラーメン店の倒産数を調査した結果を発表した。調査によると、20年の倒産件数は46件となり、19年の36件を上回って過去最多を更新した。倒産が年間40件を超えたのは20年が初めて。

phot 2020年のラーメン店の倒産件数は46件となり、過去最多を更新した(以下、写真はプレスリリースより)

 20年は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発出や外出自粛の広がりで、外食産業は軒並み経営環境が悪化。国内で新型コロナの感染が拡大した3月から9月は、家計の外食支出額が前年を下回り、特に4月は前年比6割減まで落ち込んだ。ラーメン店でも「長浜将軍」(福岡市)が4月に閉店するなど、新興店からチェーン店まで大きな打撃を受けた。

 厳しい状況のなか、「GoToイート」キャンペーンの実施やテークアウトサービスの拡大によって、一部業態では需要が回復した。しかし、麺類業態全体は苦戦を強いられていて、その中でもラーメン(中華そば)は3月以降前年を下回る水準で推移している。

 主な要因として、オンライン予約などに対応していないため「GoToイート」の恩恵が受けられない店舗が多かったことが挙げられる。また顧客が、密になるような狭小の店舗での飲食を敬遠したことも一因にあるようだ。

phot ラーメン店の倒産が初めて40件を上回った(ラーメン店の倒産件数 推移)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -