3分Biz.
ニュース
» 2021年02月01日 16時34分 公開

任天堂、業績予想を再び上方修正 最終益は前期比1.5倍にSwitch好調

任天堂が、2021年3月期通期連結業績予想を上方修正。最終益は4000億円(前期比54.7%増)になる見通し。

[ITmedia]

 任天堂は2月1日、2021年3月期(20年4月〜21年3月)通期連結業績予想を上方修正し、最終益が4000億円(前期比54.7%増)になる見通しだと発表した。20年11月の上方修正では3000億円としていたが、年末商戦でのNintendo Switchの売り上げが好調だったため、さらに増益を見込む。

photo 任天堂が21年3月期通期の連結業績予想を再び上方修正した=写真は2020年9月、Nintendo TOKYOで撮影

 売上高は従来予想から2000億円増の1兆6000億円(前期比22.3%増)、営業利益は1100億円増の5600億円(同58.9%増)を見込んでいる。

 同日発表した21年3月期第3四半期(20年4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比37.3%増の1兆4044億円、営業利益が98.2%増の5211億円、純利益が91.8%増の3766億円だった。

photo 任天堂の決算資料より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -