3分Biz.
ニュース
» 2021年04月20日 12時20分 公開

ヴィレヴァンが「賞味期限切れ」商品の販売でおわび 21年に入り計6件発表

ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは、イオンモール三光店(大分県中津市)で販売した「ムーミン キャラクターセラミックポット」に賞味期限切れの商品が含まれている可能性があると発表した。

[ITmedia]

 「ヴィレッジヴァンガード」を運営するヴィレッジヴァンガードコーポレーションは4月19日、イオンモール三光店(大分県中津市)で販売した「ムーミン キャラクターセラミックポット」(1012円)に賞味期限切れの商品が含まれている可能性があると発表した。

ヴィレッジヴァンガード公式Webサイト

 同社によると対象商品の賞味期限は2020年3月8日で、販売期間は同年3月14日〜12月13日。期間内の販売点数は5点としている。

 同社は、心当たりのあるお客は店舗まで連絡するよう呼びかけた上で「当該商品をお買い上げいただきましたお客様に、多大なご迷惑をおかけいたしましたこと、深くおわび申し上げます」と謝罪。「再発防止を徹底し、お客様にご安心頂けますよう品質管理に努める所存でございます」とコメントしている。

「生ハムのような食べる削り節」(出所:プレスリリース)

 21年に入り同社が賞味期限切れの食品を販売していたとする発表が相次いでいる。Webサイトで確認できるだけでも、1月からこれまでに計6件発表している。4月16日にはイオンモール札幌発寒店(札幌市)で、賞味期限が21年3月26日までの食品を同年3月27日〜4月15日まで販売していたと発表。

 また14日には、イオンモール佐野新都市店(栃木県佐野市)で、21年4月2日が賞味期限の「生ハムのような食べる削り節」を同年4月10〜13日に計4点販売したとして謝罪している。

賞味期限切れの商品を発売した事案が相次ぐ(出所:公式Webサイト)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -