ニュース
» 2021年05月11日 16時45分 公開

マンダム、38年ぶりにロゴマーク変更 社名フォントも一新

マンダムは5月11日、新しいシンボルマークを採用すると発表した。38年ぶりの刷新で、9月1日から順次導入する。

[ITmedia]

 マンダムは5月11日、新しいシンボルマークを採用すると発表した。38年ぶりの刷新で、9月1日から順次導入していく。

マンダムが新しいシンボルマークを採用

 新しいシンボルマークは、「∧」を2つ並べ、同社の理念の根幹である「人間系」と、ステークホルダーの「笑顔」、マンダムの頭文字の「M」を表現した。全ての人が共感できる笑顔の形であり、マンダムの理念を体現した存在としている。また、社名「mandom」もオリジナルのフォントを採用する。

シンボルマークはモノトーンを基調としながらさまざま色で展開(出所:プレスリリース)

 シンボルマークの色はモノトーンを基調としながら「シーンにより人の感情までも表現するようなさまざま色」(同社)で展開するという。

 現在のシンボルマークは1983年4月に策定。Perfect Balance(均衡)、Fine Sense(洗練)、Original Personality(個性)の3要素を結び付け、社会に貢献していくという意味を込め、45度の角度で表現していた。

現行のシンボルマーク

 同日発表した21年3月期の連結決算は、売上高が前年同期比22.6%減の633億円、営業損益が7億円の赤字(前期は59億の黒字)、純損益は同80.7%減の8億円となった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や需要減少が影響し、国内外ともに減収。40年ぶりに営業損失を計上した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -