特集
» 2021年03月01日 06時00分 公開

開店1カ月目で黒字達成 「24時間無人」の古着店 店員不在でも支持されるワケムジンノフクヤ(1/4 ページ)

東京都中野区にちょっと変わった古着店がある。24時間営業で店員がいない店、その名も「ムジンノフクヤ」

[上間貴大,ITmedia]

 東京都中野区にちょっと変わった古着店がある。24時間営業で店員がいない店、その名も「ムジンノフクヤ」。商品選びから試着、精算まで人と接触せずに完結できることから、密を避けて買い物ができる店として話題になっている。2020年8月にオープンし、開店1カ月目から黒字を達成。現在も月に約300人が購入しているという。

東京・中野区にある「ムジンノフクヤ」

 店内には国内ブランドの古着を中心に、500〜5000円の商品約300着をそろえている。コロナ禍で実証実験が進む「無人コンビニ」などとは異なり、店の仕組みは至ってシンプルだ。商品に値札はついておらず、白は500円、グレーは1000円などと、ハンガーの色で価格を示している。清算は「500」「1000」などと金額が書かれた券売機でチケットを購入する形式を採用している。

清算は券売機でチケットを購入する

 ムジンノフクヤを運営するのは、マッサージ店などを経営するdharman(ダルマン、東京都文京区)。全く畑違いの業界だが、代表の平野泰敬氏は「オープンの1年程前から構想していた」と話す。

 これまでネットで古着販売を行っていた平野氏。アマゾンが米国でレジ無しコンビニ「Amazon Go(アマゾン・ゴー)」の展開を開始するなど、無人販売が注目を集める中「これからは無人販売の動きが加速する」と考えていたという。しかし、コスト面や防犯対策などのリスクを考え、出店については二の足を踏んでいたと話す。

 そんな中、世界中で猛威を振るうことになった新型コロナウイルスの感染拡大。人々の生活様式は急速に変化し、人との接触を減らす行動が求められるようになった。今であれば「非接触」のニーズに応えられると判断し出店を決意したという。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -