3分Biz.
ニュース
» 2021年06月26日 20時13分 公開

カーテンはもう嫌! ワンルームなどで、バス・トイレ別を“実現”した新型ユニットバスリフォームとして日本初

不動産事業などを手掛けるリビングセンターは、狭小スペースでバス・トイレ別を追求した新型ユニットを賃貸マンションに導入することを発表した。

[ITmedia]

 不動産事業などを手掛けるリビングセンターは、狭小スペースでバス・トイレ別を追求した新型ユニット「PICCOLA SANITARY UNIT 1116」を賃貸マンションに導入することを発表した。同社によると、リフォームで同商品を導入するのは、日本初という。

狭小スペースでバス・トイレ別を実現した新型ユニット(出典:リビングセンター)

 ワンルームなど狭まい物件の場合、トイレ・洗面・浴室が一体となった「3点ユニット」を導入しているケースが多い。バスルームとトイレの間をカーテンで仕切った物件は、衛生面や使い勝手を求める人たちから嫌がられることが多いことから、「PICCOLA SANITARY UNIT1116」を導入。このユニットもトイレ・洗面・浴室が一体となっているので、従来型と変わらないが、浴室とトイレの間はカーテンではなく、フラッシュドア(折れ戸)で仕切っている点が違う。

新ユニットを導入した間取り(出典:リビングセンター)

 新ユニットを導入することで、同社は「バス・トイレのせいだけで人気がなかった狭小物件を、人気のある物件に再生することができれば、社会的にも非常に意義のある試みだと考えている」とコメントした。

新ユニットが導入される物件の外観

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -