3分Biz.
ニュース
» 2021年09月02日 12時20分 公開

キン肉マンのキャラ「ティーパックマン」が紅茶に? 発売3日で約1000箱が売り切れ間近精密部品メーカーが開発

キン肉マンのキャラ「ティーパックマン」の紅茶が発売された。どんな商品なのだろうか? 精密部品メーカーが開発したようだが、どんな狙いがあるのだろうか?

[ITmedia]

 精密部品メーカーのキャステム(広島県福山市)は、スリランカ産の紅茶「セイロンブレンド」5袋と、オリジナルのシール1枚がセットになった「ティーパックマン紅茶」を商品化した。自社ECサイトにて8月31日から販売している。

キャステムは「ティーカップマン紅茶」を発売した(画像:以下、リリースより)

 同社は、取り組みの狙いについて「当社は金属部品メーカーで、一般の方々には馴染(なじ)みがない業界です。こういった企画を通して会社のことを知ってもらいたいです」と話した。

 「ティーパックマン」とは、漫画『キン肉マン』に登場する正義超人。頭が紅茶の入った巨大なティーカップになっており、紅茶を含んで鋼鉄のようになったティーバッグで相手を打ち据えるのが特徴だ。

ティーパックマン

 ティーパックの茶葉はティーパックマンの出身で紅茶の本場であるスリランカ産「セイロンブレンド」を採用。また、パッケージにもこだわった。ティーパックマンの有名シーンを箱のパッケージに使用するだけでなく、ティーパックの袋にも漫画のワンシーンをプリントしている。

ティーパックと箱にもティーパックマンがプリントされている

 その他に、購入者が楽しめる仕掛けも用意した。ティーカップマンの目線シールをティーカップやマグカップに貼ることでオリジナルのカップが完成する。

ティーカップに貼るシールを用意
オリジナルのティーカップが作れるような仕掛けを施した

 初回は1000箱用意したが既に売り切れ間近で、追加生産も検討しているという。同社は精密部品メーカーの技術力を生かし、著名人の手型の金属製オブジェやモンスターボール虫かごなどを販売している。モンスターボール虫かごは発売2年で10万個を突破した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -