ニュース
» 2021年09月16日 09時12分 公開

「とにかく大きく目立つ」米軍基地ゲート通りから見える昭和の巨大ネオン撤去老朽化(1/2 ページ)

沖縄市園田のステーキハウス四季本店で、1972年の創業時から輝いていた縦型のネオン看板が老朽化のため、6日に撤去された。

[沖縄タイムス+プラス]
沖縄タイムス

 沖縄市園田のステーキハウス四季本店で、1972年の創業時から輝いていた縦型のネオン看板が老朽化のため、6日に撤去された。創業者の當山政順さん(82)は「お客さまが入るように、とにかく大きく目立つように作った」。米兵から人気の出た鉄板焼きステーキは、今では県民にも親しまれている。當山さんは「49年間、お店を支えてくれた」と感謝した。(編集委員・照屋剛志)

1972年の創業時から掲げられたネオン看板。左の縦型看板が撤去された

 ステーキハウス四季は、沖縄が日本に復帰した72年8月に沖縄市上地の通称「中の町なかどおり」に開店した。

 店は国道330号やゲート通りから、通り1本裏手にあったため、當山さんは「ゲート通りからも見えるように目立つ看板にこだわった」と説明した。縦型で高さ6メートル、幅2メートルの看板は当時としてはかなり大きく、同業者から作り方などの問い合わせも多かった。

 ただ、ネオン看板に多額の費用をかけた割には、開店直後は客が来なくて気をもんだという。当時は珍しかった鉄板焼きスタイルは徐々に浸透し、米兵を中心に人気を集めた。現在は、浦添市や北谷町などで4店舗を展開している。

撤去された看板。軽トラックの荷台から大きくはみ出している
       1|2 次のページへ

Copyright © The Okinawa Times All rights reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -