インタビュー
» 2021年09月21日 11時50分 公開

2週間で売り切れ コンバース「オールスター」のミニ消しゴムが4年ぶりに復活したワケ3分インタビュー(1/2 ページ)

コンバース「オールスター」のミニ消しゴムが4年ぶりに再販され、あっという間に売り切れてしまった。なぜこのタイミングで復活したのか? なぜアディダスやナイキではなくコンバースだったのか? 理解されない「こだわり」は? 気になる疑問を担当者に聞いた。

[熊谷紗希,ITmedia]

3分インタビュー:

 「SNSで話題のあの商品はどうやって開発したの?」「なぜこの会社はこんな取り組みを進めているの?」ちょっと気になっていた企業の“なぜ”をコンパクトに紹介します。

 サービスや製品に込めた思いや苦労話など、担当者にしか分からない「裏側」を徹底取材。仕事が忙しくて、じっくりと情報を得ることができない人でも読めるよう、できるだけ簡潔にまとめています。テレワーク中の息抜きや移動時間、就寝前に「3分インタビュー」でサクッと情報収集!

記事一覧はこちら


 コンバースの定番シューズといえば、側面に大きな星のロゴが付いた「オールスター」だろう。そのデザインを精巧に再現した「ミニ消しゴム」(495円で高さ2.5センチ)が発売からたった2週間で完売してしまったという。

 パソコンがあれば完結する仕事をしている人からは、「消しゴムなんてここ数カ月で使った記憶がない……」という意見も多そうだ。デジタル化が進む世の中で、一見不要そうに見える「消しゴム」がなぜこんなにも売れたのか? アディダスやナイキではなく、なぜコンバースなのか? 開発に携わった学研ステイフルの企画製作課の山口課長に話を聞いた。

コンバース「オールスター」のミニ消しゴムが発売2週間で売り切れに(画像:学研ステイフル提供)

ミニ消しゴムの開発秘話に迫る

――コンバースのミニ消しゴム、発売2週間で完売とのことですが、なぜそんなに売れたのでしょうか?

山口さん: 発売後、SNSで購入者が投稿してくださったことがきっかけで、人気に火が付き、「かわいい」「ほしい」という声を多くいただきました。いろいろな人に見ていただいたことで、発売後2週間で当社の在庫はほぼ完売状態になりました。

 コンバースのミニ消しゴムは初回販売が2013年で、今回が4回目となります。毎回、文房具の展示会に出店していた時から反響は大きく、生産分は全て完売していました。過去3回は完売まで数カ月かかっていたので、今回の完売スピードは非常に早いです。あらためてSNSの影響力の大きさに驚きました。

――出すたびに完売はすごいですね。前回販売から4年ほど空いているようですが、どういった経緯で再販にいたったのでしょうか?

山口さん: 以前からミニチュア文具はたくさん発売されていましたが、最近ではSNS上で精巧なミニチュア生活雑貨やお弁当、ジオラマなどを自作してアップされる人をよく見るようになりました。

 当社でも前回販売の17年から久しぶりに新色を追加して再商品化したら、「面白い!」と興味を持ってくれる人が増えるのではないかと考え、発売に至りました。今回は新色としてホワイトとブラック、またパステルカラー枠でグリーンとイエローのパステルカラーを追加した合計6色となっています。

グリーン(左)とイエロー(右)を追加した合計6色で展開する
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -