3分Biz.
ニュース
» 2021年10月29日 11時09分 公開

「トイ・ストーリー」のホテル、舞浜に22年4月開業 変動価格チケット制は「今後もバランス検討」オリエンタルランドの上期決算

オリエンタルランドは、映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにしたホテルを2022年4月5日にオープンする。10月にはチケットの価格変動制も見直すなどしていて、来園者1人当たりの収益増を狙う。

[ITmedia]

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」(千葉県浦安市)を2022年4月5日にオープンする。22年3月期通期の決算は、2年連続の最終赤字になる見通しだが、「将来を見据えた準備を進める」(同社)としている。21年10月にはチケットの価格変動制も見直すなどしていて、来園者1人当たりの収益増を狙う。

photo 4月5日にオープンする「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」=オリエンタルランド傘下のミリアルリゾートホテルズのニュースリリースより
photo ホテルのロビーのイメージ=オリエンタルランド傘下のミリアルリゾートホテルズのニュースリリースより

 エントランス正面の広場にはバズ・ライトイヤーとジェシー、中庭にはウッディとボー・ピープ、それぞれ約4メートルのキャラクター像があり、玩具の世界に入り込んだかのような世界観を演出。客室は劇中のアンディの部屋をイメージし、青い空と白い雲の壁紙やミッキーマウスの大きな腕時計など、玩具を思わせる備品や調度品を設ける。

 東京ディズニーリゾート直営のホテルは、宿泊特典の充実度に応じてデラックスタイプとバリュータイプがあるが、新しいホテルは中間のモデレートタイプという位置付け。595室ある客室のデザインを統一、設備とシンプルなサービスに特化し、デラックスタイプよりも手軽さをアピールする。

photo 客室はアンディの部屋をイメージ=オリエンタルランド傘下のミリアルリゾートホテルズのニュースリリースより
photo

 オリエンタルランドが10月28日に発表した22年3月期第2四半期(21年4〜9月)は、売上高が前年同期比65.0%増の975億円、営業損益が193億円の赤字(前年同期は241億円の赤字)、純損益が141億円の赤字(同300億円の赤字)だった。

 入園者数は、一時臨時休園していた前年と比べると増加。まん延防止等重点措置の発出以降は、原則5000人以下という制限を設けて運営した。高価格帯チケットの導入やダッフィー関連商品、東京ディズニーシー20周年グッズの販売などにより、入園者1人当たりの売上高は前年同期比1752円増の1万4877円となった。

 22年3月期通期(21年4月〜22年3月)連結業績予想は、売上高が2390億円(前期比40.1%増)、営業損益が242億円の赤字(前期は459億円の赤字)、最終赤字が175億円(同541億円の赤字)になる見通し。2年連続の最終赤字だが改善した。

 同社は10月からチケットの変動価格制を変更。従来は曜日などに応じて8200円、8700円の2段階で変動していたが、10月以降は7900円、8400円、8900円、9400円の4段階となり、最大700円の値上げとなった。今後も、価格の幅、構成バランスなどを引き続き検討するという。

photo チケット変動制を2段階から4段階に変更=オリエンタルランドの決算資料より
photo

 同社は「一定の入園者数の制限は続くが、そのような環境下でも、変動価格制の導入、新たなゲスト体験を収益化につなげるなど、できることから着実に取り組む」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -