メディア
3分Biz.
ニュース
» 2021年11月01日 12時44分 公開

楽天、ファッション通販サイト「Rakuten Fashion」の実店舗を出店 OMO事業の一環期間限定

楽天は同社が運営するファッション通販サイト「Rakuten Fashion」の実店舗を出店すると発表した。11月11日からの期間限定で、東京・渋谷スクランブルスクエアを予定している。どのような特徴の店舗なのだろうか?

[ITmedia]

 楽天グループ(以下、楽天)は11月1日、同社が運営するファッション通販サイト「Rakuten Fashion」のポップアップストアを東京・渋谷スクランブルスクエア5階に出店すると発表した。店舗の特徴として「OMO」を掲げており、オンラインとオフラインを融合した買い物体験を提供する狙いがある。

楽天グループは「Rakuten Fashion」のポップアップストアの出店を発表した(画像:以下、リリースより)

 本企画は、楽天と東急が設立した楽天東急プランニングが取り組むOMO事業の一環として始まった。店舗の特徴は、Rakuten Fashionのマーケティングデータとファッション誌や女性誌で活躍するスタイリストのノウハウを活用し、消費者が好む商品をRakuten Fashionから厳選していること。約30の人気ブランドのニットやコートなどのウィメンズアイテム約180点を展示・販売するという。

ポップアップストア内装イメージ

 また、商品に付帯するQRコードを読み込むことでRakuten Fashionの商品ページで決済や配送対応を完了させ、お客が手ぶらで買い物を楽しめるようにした。「商品を実際に見たり試着したりしたい」というオンラインで洋服を買うことに抵抗がある層にもRakuten Fashionの利用を訴求する機会になる。接客は東急百貨店のスタッフが対応する。

 ポップアップストアは11月11日〜12月1日を予定。「2番手ニット」や「次の私の定番コート」などテーマを設定し、展示する商品ラインアップを変更していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -