3分Biz.
ニュース
» 2021年12月10日 17時26分 公開

京王、2022年春のダイヤ改正で「準特急」廃止

京王電鉄が2022年春に京王線のダイヤ改正を実施すると発表した。

[ITmedia]

 京王電鉄は12月10日、2022年春に京王線のダイヤ改正を実施すると発表した。コロナ禍で変化する鉄道利用者のニーズに対応する。

京王線 京王線がダイヤ改正「準特急」を廃止(画像提供:写真AC)

 今回のダイヤ改正では、調布以東での乗車機会向上や、都営線との乗り換え利便性向上のため、平日・土休日とも日中時間帯の運行本数を維持したうえで「特急」「準特急」種別の名称を統合。停車駅に笹塚、千歳烏山を追加し「特急」として運行する。

京王線 ダイヤ改正以降の特急列車停車駅(出所:プレスリリース)

 土休日は、午前10時〜午後6時ごろの動物園線を外出に便利な本数・間隔とする他、午前10時〜午後4時ごろの相模原線 京王多摩センター〜橋本間で、列車種別・運転本数を見直す。

 座席指定列車では、平日の京王ライナー停車駅に明大前を追加した上で、一部時間帯の下り京王ライナーの所要時間を短縮。土休日は、朝の時間帯の京王ライナー、Mt.TAKAO号を増発させる。また、Mt.TAKAO号を通年運行化する。

京王線
京王線 京王ライナーの停車駅追加の概要(出所:プレスリリース)

 実施時期は22年春を予定していて、対象路線は井の頭線を除く京王線。具体的な実施日や詳細時刻などは22年1月下旬に発表するとしている。

京王線 京王電鉄の路線図(出所:公式Webサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -