3分Biz.
ニュース
» 2021年06月17日 16時15分 公開

JR東、相模線に新型車両「E131系」投入 安全性や利便性向上湘南の海を水玉模様で表現

JR東日本は6月17日、相模線に新型車両を投入すると発表した。

[ITmedia]

 JR東日本は6月17日、相模線に新型車両を投入すると発表した。車内の快適性向上や乗客への情報提供の充実、バリアフリー化の推進を図るほか、モニタリング技術を活用し、安全性・安定性の向上を目指す。

JR東、相模線へ新型車両を投入(出所:プレスリリース)

 投入する車両はE131系で、4両編成を12編成、合計48両を新造する。2021年秋頃からの営業運転を予定している。投入する線区は相模線の茅ケ崎〜橋本間、横浜線の橋本〜八王子間。

 車両の前面デザインは、湘南の海と波の水しぶきを水玉模様で表現した。また、前面と側面には濃淡2色の青色を配した。遠くまで広がる湘南の海をイメージしたという。座席のカラーも相模川や湘南の海をイメージし、ブルー系のツートンカラーを採用した。

 車体の幅を広げ、座席幅を拡大するほか、フリースペースを各車両に設け快適性を向上させる。また、運行情報や乗換案内を表示する17インチの大型ディスプレイを一部のドア上部に設置し、情報提供の充実を図った。

新型車両の概要(出所:プレスリリース)

 セキュリティや安全面の対策として、各車両の客室に車内防犯カメラを設置。従来の車両では1両に1カ所だった非常通報装置を4カ所に増設する。

 また、モニタリング技術を活用し、車両搭載機器や線路設備の状態監視機能を搭載。故障の予兆を把握し事前に対処することでさらなる安全性・安定性向上を図る。

205系との比較(出所:プレスリリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -