フレッシュサマリ
Special
» 2021年12月16日 10時00分 公開

エンジニアへの依頼不要! 社内外のデータ収集ツール

[PR/ITmedia]
PR

 近年、企業がデータに基づいた判断を重要視する「データドリブン経営」を目指す流れが加速している。この潮流は経営戦略、営業、マーケティング、人事などあらゆる領域に関係しているが、一方で「担当部署に依頼してデータを抽出するまでに時間がかかる」など、技術的な課題を抱える現場も多い。

 そんな課題を解決するのが、Hogetic Labのデータ収集ツール「Collectro」だ。自社データと、SNSや小売、検索などのAPI経由の外部データ(オープンデータ)を収集できる。ノンコーディングで、エンジニアに依頼せずとも簡単に扱えるのが特徴だ。

photo

 管理画面でAPIキーや収集頻度、収集キーワードなどを設定すればデータ収集がスタート。整形されたデータが手元の分析環境に蓄積されていくので、外部のデータセットを日々の分析に簡単に取り入れられる。

 一般的なオープンデータ収集サービスは、サービス自体の環境にデータを蓄積する。そのため、自社データとの同時分析がしにくかったり、大容量のサーバ環境を構築するため必然的に初期導入費用も高くなってしまったりという問題がある。

 Collectroは、ユーザー企業側のクラウド環境でシステムを動作させ、サービス提供側で大きなシステムを持たない構成だ。そのため、低価格のスモールスタートを実現。また、自社データとオープンデータの統合がしやすいほか、社内人材のスキルに合わせて機能を柔軟に取捨選択できる。BigQueryを用いた分析だけでなく、ローデータをローカル環境保存し、Excelやスプレッドシート、R、Pythonなど任意のツールで分析することも可能だ。さらに自社データとオープンデータをすぐに利活用できる基本的なデータポータルのダッシュボードも用意される。

 専門部署に頼まなくても、データ抽出に関する簡単なワークフローを設定すれば、手軽なデータ抽出・分析が可能になる。蓄積・分析したデータを、自社サービスや商品の向上に生かせるだろう。

ITmedia ビジネスオンライン編集部の「ここがポイント」

 外部データの収集には、エンジニアに依頼して専用のクローラーを開発してもらうことが少なくありません。しかし時間やコミュニケーションコストがかかります。その点、Collectroの管理画面はWebで利用でき、使い勝手の良さもうれしいポイント。アナリストやマーケター自身が“SaaS感覚”で始められるCollectroは、スモールスタートにもピッタリではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社Hogetic Lab
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -