ニュース
» 2007年11月02日 18時51分 公開

ルイ・エラール、ビッグケースで存在感タップリの「1931クロノグラフ」+D Style News

ルイ・エラールの機械式腕時計「1931」シリーズから、44ミリのビッグケースを採用して存在感タップリの「1931クロノグラフ」が登場。

[ITmedia]

 日本シイベルヘグナーは、ルイ・エラールの機械式腕時計「1931クロノグラフ」を12月中旬より販売する。シルバーとブラックの2色を用意し、価格はともに24万1500円。

photophoto 1931クロノグラフ

 ルイ・エラールのコレクションの中でもファンの多い「1931」シリーズ。今回のクロノグラフは、近年のトレンドとなっているビッグケースを採用し、存在感のあるモデルに腕時計に仕上げている。ケース幅は44ミリ。

 文字盤のインデックスはくさび形を採用し、6時と12時位置に大きなインダイヤル、9時位置に小さなインダイヤルを配置している。3時位置にはデイデイトも備えた。ガラスにはサファイアクリスタルを採用。ケースバックはシースルーとなっていて高級感を演出する。シルバーモデルには茶色の革バンドを、ブラックモデルには黒の革バンドを組み合わせている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -