ニュース
» 2009年04月20日 18時12分 公開

パナソニック、コインロッカーに入る折りたたみ自転車「トレンクル 6000/7000」を発売

手回り料金不要で電車に持ちこめて、折りたたむと駅のコインロッカーに入る自転車、トレンクルシリーズが復活。最新モデル「トレンクル6000/7000」が発売になった。

[ITmedia]

 パナソニックサイクルテックは、4月14日、チタンフレームの軽量折りたたみ自転車「トレンクル6000」「トレンクル7000」を発売した。価格は、トレンクル6000が33万円、トレンクル7000が25万円。

トレンクル6000

 トレンクルシリーズの最大の特徴は、折りたたむと駅の中型コインロッカーに入るサイズ。また、電車に自転車を持ち込むときに必要な手回り料金260円もかからない。トレンクル6000/7000はいずれも、フレームサイズは230ミリで、折りたたみ時のサイズはいずれも、350(幅)×583(長さ)×550(高さ)ミリ。タイヤサイズは14インチとかなり小さい。

 トレンクル6000/7000のフレームはいずれもチタン製だが、フロントホークやチューブの素材が異なる。

商品名 重さ フロントホーク チューブ ペダル
トレンクル7000 7.7キログラム ハイテンノーマルフォーク ブチルチューブ 英式バルブ 折りたたみペダル(左右とも)
トレンクル6000 6.9キログラム カーボン 軽量ポリウレタンチューブ 仏式バルブ 折りたたみペダル(右のみ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -