速報
» 2004年06月09日 08時05分 公開

CIOの「投資意欲回復」を示す調査結果

[ITmedia]

 米調査会社のForrester Researchは6月8日、IT支出意欲のさらなる回復を裏付ける調査結果を発表した。

 北米企業のCIO(最高情報責任者)115人を対象に同社が四半期ごとに行っている調査の最新版によると、「ビジネス環境は良好」あるいは「非常に良好」という回答が、前四半期の33%から43%に増大した。またCIOの55%は「向こう3四半期にわたって予算どおりに支出する見通し」としている。前四半期はこの割合が25%だった。さらに、CIOの3分の2が、自社IT戦略の重要部分として「新規台頭技術の調査・アプリケーション」を挙げ、66%が研究開発支出の増大を予測しているという。

 Gartnerではまた、IT投資に関する米政府統計と1〜3月期の主要ITベンダーの業績報告から、コンピュータとソフトウェアに対する支出が予想以上に高まっていることが分かるとしている。このためForresterは2004年の米国IT支出予測を、前年比6%増に引き上げている。

 Forresterでは現在、コンピュータと通信機器への新規投資は今年拡大を続け、コンピュータが16%増、通信機器が11%増になると予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -