ニュース
» 2004年06月22日 21時17分 公開

オムニサイソフトウエア、ネットワーク統合監視プラットフォームの最新版を発表

オムニサイソフトウエアは、ネットワーク統合監視プラットフォーム「Eden Network/System Management Suite バージョン2.0」を発表した。

[ITmedia]

 オムニサイソフトウエアは6月22日、ネットワーク統合監視プラットフォーム「Eden Network/System Management Suite バージョン2.0(Eden 2.0)」をこの夏に出荷すると発表した。

 Eden 2.0では、IDC(データセンター)向けの機能を重点的に強化したという。

 対応プラットフォームは、Solaris(SPARC)7〜9、FreeBSD(x86)4.8〜4.10/5.2.1、Red Hat Enterprise Linux AS 2.1/ES 2.1、Vine Linux 2.6r4。

 価格は、最小構成で10万2900円(3ノード)。同社では今期8200万円の売り上げを目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -