ニュース
» 2004年07月28日 23時30分 公開

日本IBM、ソフト開発会社向け期間限定キャンペーンを実施

日本IBM、ISVへの支援強化を目的に、7000本以上の同社ソフトウェア製品を4万1790円で提供する。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は7月28日、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)への支援強化を目的に、7000本以上の同社ソフトウェア製品を、開発用途に限り4万1790円(税込み)で提供するキャンペーンを、7月28日〜9月30日の期間限定で実施すると発表した。

 これは、ISV支援プログラム「IBM PartnerWorld for Developers(PWD)」の有料メニュー「ソフトウェア・アクセス・オプション(SAO)」を購入したISVに対し、購入日から1年間のソフトウェアダウンロード料を、通常11万9385円のところ4万1790円で提供するもの。

 PWDは、IBMソフトウェア・テクノロジーを使用したソリューションを開発するパッケージソフトウェア企業であれば参加でき、入会金・会費は無料。プログラム参加企業には、最新技術情報提供、技術サポート、技術研修など、製品開発に必要なサービスが無料提供される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ